メガネが曇りにくい 布マスクの作り方おすすめ




前回のマスク記事はこちら⇩

アベノマスク入手!布マスクの選び方、洗い方、作り方のおすすめ

自粛中、ずっとしまい込んでいたミシンで遊ぶのがすっかり楽しくなり
別の布マスクも作ってみたくなったので、作り方を探していたところ
私でも簡単にできそうなものを見つけたので実際に作ってみました

参考にした作り方動画はこちら⇩Dマスク

https://youtu.be/vBKmImHg-VI

作り方はとてもシンプルで、ミシンでまっすぐ縫うだけなので、初心者でも失敗なしだと思います

実際に作った感想。。。と私流アレンジ

  • ミシンで直線縫いができれば誰でも作れると思います
  • 最後の行程の布を開いて3Dを作るところで、少しアレンジ可能です
    折り返す角度を調節することで、口元の空間の大きさを調整できます

完成したマスクの裏側です

写真左 大きく開いて縫いとめることで口元の空間が少なくなりぴったりしたマスクに仕上がりました
写真右 斜め45度の角度で開いて縫いとめたら、口元に空間が生まれ息苦しくないマスクに仕上がりました

  • 表地と裏地のみで作れますので、柄合わせが必要ないので柄付きの布でも作りやすいです
  • 今回も洗濯しても型崩れしないよう、接着芯をプラスしました

裁断後、表地裏側の部分に接着芯をつけてから制作しました

□の両サイドはマスクゴムを入れる部分にあたります、ここまで接着芯を入れると隙間ができやすくなりますので注意です

着けてみた感想です

  • 装着後上下の折り返し部分で多少のサイズ調節が可能でした
  • 鼻の部分の隙間も装着後整えることでぴったりします
  • 一番驚いたのは、最後の行程で45度の角度で縫いとめたタイプはメガネが曇りにくかったことです

今回は型紙から生地へ印着けとマスクゴムのカットを休校中の「家庭科」として
子供たちに手伝ってもらいました

食材の買い出しついでに100円ショップへ立ち寄りましたが。。。
マスクの材料になる、カットクロス マスクゴム 普通のゴムも。。。手に入りませんね💦
接着芯も普段は100円ショップで購入できますが売り切れになっているようでした

ネット通販サイトを見てみたところネット通販だと、マスクの材料がまだ手に入りそうです

マスクの生地

  • 今回は前回マスク作りで使用したガーゼと家にあった白い無地の布製品(私はいつか取り換えようと(笑)買い置きしていたカフェカーテンを使いました)をほどいてを裏地に使用しました
  • 表地は、100円ショップ購入の手ぬぐいや子供がサイズアウトした洋服をリメイク、表地に接着芯を貼ることでどんな生地でも縫いやすくなります
  • お家にあるバンダナやスカーフ、ワイシャツなどリメイクされてもいいかもしれませんね

今回は半日で10枚くらい縫えました。
是非、試してみてくださいね。。。

コロナウイルス。。。長期戦になるとはいえ不安が募りますね。。。
ウイルスがだんだん身近に感じてとても怖いですよね。。。
早く必要な人すべてに治療薬が届けばいいなと心から願います。。。

アビガンはなぜまだ使えないんでしょうか。。。
命がかかっているので多少の行程をすっ飛ばしてでも使うこと出来ないんでしょうか。。。

致死率などインフルエンザと比較されることが多いウイルスですが
アビガンをタミフルのように医療関係や必須業種の方々に予防投与を許可することはできないんでしょうか
不安が増えると疑問も増えてさらに不安になります

命を守ること優先に
早く出口が見えますように。。。。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました🎀

ランキングに参加していますポチット1票お願いします⇩➡

虹
数日前に虹が出ました!とても綺麗だったので撮影しました




コメント・お問い合わせはこちらから